FC2ブログ

政府の終焉は何に據つて斷ずるのか

廿九日のヤフーニュースに據ると元大阪市長の橋下徹辯護士は同日ツイッターに投稿し
新型コロナウイルス對策に關する專門家會議の議事録を政府が作成してゐない
と云ふ事が判明したとの報道に觸れて
そのやうな重大會議に同席してゐる官僚達が記録を取つてゐない譯はないし
必ずや録音もしてゐる筈だ
若しもそれをやつてゐないなら日本政府は終つてゐると斷じたさうだ

詰まり專門家會議の議事録が存在する事は日本政府を存續せしめる必須要件だが
それは我らが名も無き官僚諸氏の氣働きに據つて必ずや作成されてゐるに決まつてゐる
それゆゑ日本政府は未だ終はつてをらず
延いては御自分の辯護士資格も諸々の私有財産權もその有効性を維持出來てゐる
洵に有難い限りだと
深讀みすれば橋下氏はさう言つてゐる譯でもあり
即ち官僚諸氏に對する絶大なる信頼と感謝の意を表明したものと解して間違ひあるまい

臍曲がりを自稱するにしては大甘な解釋と見ゆるかも知れぬが
臍は曲げても論理の筋は曲げぬのが憚りながら我が流儀の積もりだから
取り敢へずこの解釋は維持するとして
一つ私に自信が無いのは專門家會議々事録の存在する事が政府存續の要件である
と言ふが如き橋下氏の主張が六法全書のどの條項を踏まへてゐるのかと云ふ事である

まさか高名な法曹家たる橋下氏が政府ないし國家存立の要件に就いて
法律の裏付け無き主張など間違つてもやらかす譯などあるまいと信ずればこそ
自分では六法全書を當たらずして此の記事をものした處ではあるのだが

呵々
スポンサーサイト



辯護士某氏は己が言論に滿足してゐられるのか

五月廿七日ネット配信されたヤフーニュースによると
曾て地方自治體首長だつた事もある辯護士の某氏は
同日午後の某テレビ番組に出演した折
元東京高檢の黒川檢事長に對する訓告處分に關し怒りも顯はにかう語つたさうである

かういふ事が容認されるなら皆んなで檢察廳の前で賭博しませうよ
大博打大會やつたら良いんですよ云々

不思議な言ひ分である
私の知る限り黒川氏は五月廿一日に辭任してをり
隨つて同氏に對する訓告處分はそれ以前に決裁され執行されてゐる筈である

詰まり辯護士某氏の謂はゆるかういふ事なるものに關しては
容認されるならと云ふ廿七日時點での假定はもはや手遅れで
疾うの昔に容認されて仕舞つてゐるのだ

となれば己の發言に責任を持つべき言論人たる某氏は
後れ馳せながらも直ちに大博打大會の設營に取り掛からねばならぬ道理だが
彼にそんな積もりは毛頭あるまい
そしてその有言不實行の辯解には例へばかうとでも言ふのであらう
私は皆で遣れと言つたのであつて私が遣るとは一言も言つてない云々

その程度の三百代言的遁辞しか私には思ひ着けぬが
それはともあれ曾ては國政の場に進出して重きをなす日も近いとさへ看做された某氏が
今は私如きに揚げ足を取られる程度の
そして當面の敵たる檢察廳からは大博打大會であれ何であれ遣れるものなら遣つて見ろ
當廳には痛くも痒くもないとせゝら嗤はれ兼ねない程度の
何れにせよ安つぽくて實行性のない感情的言辭を吐き散らしてゐて果たして滿足なのかと
それが私には訝しいのである
もどかしいのである

尤も依然論壇の賣れつ子であるらしい同氏から見れば
私の訝りやもどかしがりなんぞ所詮は大きな御世話に過ぎなからう

なんぞと云ふ事は重々承知で言つてゐるのだが

呵々

都道府縣を跨いでの移動はならぬと言ふが

事實上全國民を擧げての自肅努力と醫療關係者らの獻身の甲斐あつて
新型コロナ禍に對する非常事態宣言が早くも全面解除される運びとなつた

とはいへ未だ氣を弛めて良い情勢ではなく
例へば都道府縣を跨いでの移動は今後とも愼むべき行動の最たるものらしい

尤もその禁忌は正確には都道府縣境を跨いでの移動と言ふべきであらう
境界ならば線だから徒歩でも跨げようが
二次元の擴がりを持つ都道府縣を跨いで移動するには飛行機にでも頼る他あるまいからだ

新型コロナ禍克服の兆しを傳へる慶事のニュースに半疊を入れる積もりは毛頭無いが
さりとて境の一字が等閑にされるのを黙視するのも忍びない
今この瞬間にも尖閣諸島の周りの海上に引かれた肉眼では見えぬ境界線が
霸權主義を押し通さうとする隣國によつて實力で侵されてゐるかも知れぬとなれば

しかもそれを防ぐだけの手立てを與へられず
傍若無人な隣國の行爲を切齒扼腕して眺めてゐるに違ひない海保廳職員らの氣持を思へば

秋霜烈日はドラマの中だけか

新型コロナ禍に對處する爲の緊急事態が宣言されてゐる最中
東京高等檢察廳の黒川弘務檢事長が新聞記者らと賭け麻雀をしてゐた事が發覺し
訓告處分に附され辭表を提出した

そのとんでもない非行を倶にしたのは朝日産經兩新聞の記者ら三名だつたさうで
即ち該記者らは檢察ナンバーツーの非行を自ら現場に居合はせて目撃した譯だが
紛れもない共犯者だつたのだから當然の事かも知れないがそれを報道しなかつた

ジャーナリストらが事ある毎に振り翳す知る權利だとか知らせる義務だとか云ふのが
所詮は御都合主義のお題目に過ぎない事は
それこそ事ある毎に思ひ知らされて來たやうなものだが
今回の事件はそんな認識に幾つ目かの太鼓判を捺して呉れると共に
檢察の誇る謂はゆる秋霜烈日なるものに關しても
過日若狹勝辯護士が元檢事の本音を櫻井よしこさん相手にぶちまけて仕舞つた結果
所詮はテレビドラマの中だけの事だつたかと悲觀させて呉れたばかりだが
その悲しい認識を現職檢察官のナンバーツーが態々裏書きして呉れたやうなもので
これまた腹立たしくも情けない限りである

だが飜つて考へるに
あのヒーローなるテレビドラマがあれ程の人氣を博したのは
木村拓哉さんや松たか子さんらの演じたのが檢察職員らの理想型であるとの認識が
檢察内部は固より世間にも廣く共有されてゐる證に他ならず
だとすれば檢察官や檢察事務官らの多くはその理想型に肖らうとして
地道に愚直に日々努力し精進してゐると信じても強ち見當違ひでもないのではないか

臍曲がりを自稱する山人にしてはお人好し丸出しの樂觀論に過ぎるかも知れないが
人は理想を求めずして生きられるやうには創られてゐない筈だし
人間だものと云ふかなり有名で愛好者の多いらしいあの一見ふやけた標語擬きも
必ずしも己のだらしなさを甘やかに赦す爲だけの言葉では必ずしもない筈なのだから

それに何よりメディアの傳へるしどけなくも救ひの無い我が世情とは異なり
私の肉眼に映る身近な世間の營みはまだまだ十分に尋常かつ健全であり
全き悲觀は早計に過ぎると我が曲がつた臍に囁き掛けて呉れるのである

まあ如何に曲がつてゐようと所詮は己が分身
世間の囁きを己の望むやうにしか聽かないのは當然過ぎるほど當然の事ではあるのだが

呵々

政治の季節は一旦終はつたか

問題の檢察廳法改正案は今國會では採決されず次の國會に回される事となつたさうだ

該法案に反對する聲は法曹關係者らのみならず藝能界をも含む各界から擧がり
一體皆が皆事の本質を分かつて物を言つてゐるのかと云ふ當然の疑問も出たやうだが
それに對しては主權者國民は法案に就いて勉強などする必要は無い
たゞ感覺の赴くまゝに聲を擧げれば良いのだなんぞと
ネットやSNSの大通りに堂々宣言する御仁も一人ならずあつたりした模樣で
そんな雰圍氣に政府も嫌氣が差したか遂に今國會での成立を斷念したものらしい
加へて元々は檢察廳筋から上がつて來た案件であり
内閣が無理押しする筋合ひでもなかつたとの話も仄聞する

ともあれネットに紹介される程の反對論の幾つかには私も目を通したが
謂はゆる識者らに據る論と感覺主導主義的主權者らの斷片的な呟きの類ひとを問はず
論理的に納得出來る意見には遂にお目に掛かれなかつた

それでも多數意見となれば正當な選擧で選ばれた政府と雖も讓らねばならない
何たる事かと悲憤慷慨するほど若くはないし
成程これが我國流民主政治の現實と云ふものかと
今更悟つたやうな顔をして見せる積もりも無論無い
こゝ暫く入り浸つてゐた政治の世界から少しく身を引いて
今後暫くは讀書にでも親しんで過ごさうか
しかし市の圖書館はずつと閉まつたまゝだし
扨てどうしたものかと
折柄の雨空を仰いで思案に耽つてゐる次第
プロフィール

平成山人

Author:平成山人
 防大出身の元一等空佐。現役時代は情報を專門職としてゐました。
 生れは西國の軍港都市、育つたのは播州、現住地は東京西郊、西窓に遠富士を眺めるあたりです。
 聊か時代遅れで、少々臍曲りですが、間違つた事は言はない積りです。宜しくお附合ひ下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター